Microsoftが2015年5月に発売したSurface 3ですが、大きな特徴としてnanoSIMを入れてモバイルデータ通信を移動中でも楽しめるというポイントがあります。今回はDMM mobileが提供しているデータ通信用SIMカードを刺して、果たして無事にネットに接続できるか、検証してみました!

早速Surface 3にnanoSIMを挿入!

特徴的なサイズ感とカラフルなキーボード付きカバーなSurfaceですが、カフェや時には電車の中でSurfaceタブレットを広げている人を見かけるようになりました。やはりビジネスユーザーとしては、純正のMicrosoft Officeが動作したり、Windowsアプリが自由に使えることはとても魅力なポイントの一つとなっています。

nanoSIMカードのスロットですが、スタンド時に下に位置する、丁度キーボード付きカバーの「Type Cover」がマグネット式で装着される部分に配置されています。

microsoft surface 3 lte sim card dmm mobile

ネットワークにて、モバイルブロードバンドで「NTT DOCOMO(HSDPA)」が見えてきますので、これで「接続」を選択します。なお、表示されない場合は「オン/オフ」を繰り返してみてください。

microsoft surface 3 lte sim card dmm mobile

接続方法で、「カスタム」を選択します。

microsoft surface 3 lte sim card dmm mobile

こちらにて、アクセスポイント名「vmobile.jp」、ユーザー名「[email protected]」、パスワード「dmm」、認証のタイプで「CHAP」を選択します。これで晴れて接続することができました!

microsoft surface 3 lte sim card dmm mobile

早速SpeedTest.netで測定!

それでは、DMM mobileのSIMを使って、通信速度の検証をしてみることにします。使用したのは、ブロードバンドやスマホなどのネット接続ベンチマークとしてもよく利用されている「SPEEDTEST」(こちら)です。測定した場所ですが品川駅近辺、またDMM mobileの高速データ通信をONにした状態で計測してみました。

microsoft surface 3 lte sim card dmm mobile

3回テストを行ってみます。今回では、ダウンロードスピードとして5.60Mbpsとなっています。

microsoft surface 3 lte sim card dmm mobile

果たして結果は?!

今回行った測定結果ですが、下記のような数値になりました。

  • 1回目:上り4.51Mbps / 下り6.80Mbps
  • 2回目:上り6.54Mbps / 下り7.04Mbps
  • 3回目:上り6.60Mbps / 下り7.76Mbps

平均すると、上りで5.88Mbps、下りで7.2Mbpsという感じです。忙しい夕方6時辺りでもこのぐらいのスピードが出ているので、まずまずといった所でしょうか。

microsoft surface 3 lte sim card dmm mobile

今回のSurface 3 LTEモデルですが、SIMフリー版となっており日本で発売されている数多くの格安SIMで運用することができます。特にDMM mobileはライトプランであれば月額440円(税抜)から利用することができます。今年の冬休みなどで海外旅行の渡航先などで、現地のSIMカードを購入してお手軽にネット接続やSNSを楽みながら仕事も休暇中にバリバリこなす、といったユースケースにも大活躍しそうですね。今ならマイクロソフトストアにて、送料無料・30日間返品キャンペーン(こちら)を行っていますので、お気軽にお試しあれ!

DMMmobile

Microsoft Store (マイクロソフトストア)

関連お勧めアイテム

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で