iPhoneがまるでデジカメになるケース、PICTARがKickstarterに登場!

スマホでのカメラ機能がますます向上することで、2015年では世界中の写真の75%がスマホから撮影されているそうですが、そんな中でiPhoneで写真を撮る時にうまく片手で持てなかったり、動画撮影中に手からずれてしまったり、といった経験をした方々も多いはず。このPICTARを使えば、しっかりとしたグリップに加えて、ズームボタンや半押しの動作にまで対応していますよ!
pictar-1

カメラの性能は良くなっているのに、撮影の仕方に進化なし?

2007年に発売された初代iPhoneでの200万画素のカメラ機能から、今ではiPhone 6s/Plusにて1300万画素にまで進化しているものの、写真の撮り方、特に横向きに撮る時は相変わらず両手で抑えて撮ったり、肝心なシャッターを切る時にブレてしまったりすることが多々あります。

pictar-3

たくさんの物理的なボタンでその瞬間を逃さない!

今回PICTARが提案するのは、片手で簡単に扱え、まるでデジカメのように写真を撮影できるケース。シャッターボタンはもちろんのこと、半押しに対応しており、あらかじめ指定したフォーカスや露出でのロックが可能です。また、人差し指でも扱えるズームリングでiPhoneのカメラズームを物理的に操作できたり、露出補正ホイールで好みの明るさに調整することができます。加えて、スマートホイールでは、例えば写真と動画を切り替えることができるので、いちいち画面での選択をせずにすぐに切り替えることが可能です。

pictar-4

三脚用のネジ穴も装備していることで、三脚を使ってグループ写真やタイムラプスで魅力的な写真を撮ることも可能。

pictar-7

首からぶら下げられるストラップが付属するのも嬉しいですね。また、撮影時に万が一落としてしまう心配も不要です。

pictar-5

紹介ビデオ

Bluetoothではなく超音波を採用

なお、自撮り棒などで一般的に使われているのはBluetooth経由でシャッターを押す、といった仕組みですが、今回のPICTARは超音波を使ってシャッターやズームの切り替えを行うというもの。そのため、PICTARが提供する専用のカメラアプリでの撮影が必要となります。

実際騒音などが激しい屋外ではちゃんと撮影できるのかが少し気になるところです。

pictar-6

 

現在Kickstarterで出資者を募っており、4月20日スタートでありながら、既に12万ドルを突破しているという人気ぶり。スタートパックとしては、70ドルからとなっていますが、既に完売しており、現在では90ドルからのパッケージが購入可能です。

良い点

  • 物理的なボタンをカスタマイズできることや半押しのシャッターボタン
  • iPhoneの複数のモデルに対応
  • 三脚用のネジ穴
  • 片手で操作OK
  • 開発元はKickstarterでも定評のあるMiggo

悪い点

  • 最初の出荷は2016年11月、iPhone 7がリリースされた後
  • 価格帯
  • ちょっとがさばりそう
  • iPhoneケースと言っても、iPhone全体をカバーはしていない

横で写真をたくさん撮るユーザーにとってはかなり魅力的なケース、一台如何ですか?

発信元:The Verge

関連お勧めアイテム

[amazonjs asin=”B017UAL6I2″ locale=”JP” title=”TaoTronics カメラレンズキット クリップ式 3点セット(魚眼、マクロ、広角レンズ) スマートフォン タブレットPC用 TT-SH014″]

[amazonjs asin=”B00F354QPM” locale=”JP” title=”iphone用三脚ホルダー デジカメスタンド スマホ対応 モバイル iphone5 アイフォン5 クネクネ三脚”]

関連記事:  遂に来た~!アップル、iPhone6 & iPhone6 Plusの2機種を発表!

[amazonjs asin=”B00ZH2ASP8″ locale=”JP” title=”ソーシャルメディアでいいね!をもらう スマホ写真撮影術 iPhone版”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で