JAL国際線の機内Wi-Fiサービスを試してみました!今であればJALカードや提携カードの支払いで10%OFFも!

様々な航空会社がこぞってサービス提供を行っている機内Wi-Fiサービスですが、今回JAL国際線の機内Wi-Fiサービスを試してみました!3つのプランから購入可能で、サクッとメールのチェックや簡単なSNSの投稿に便利な1時間プランから、ガッツリ機内で現地到着までネットを利用したい人向けのフライトプランまで。「現地のこと、あんまり調べる時間なかった!」って焦る必要はもうなくなりますね!

jal-wifi-inflight-top

価格帯は3つ、何とすべてのプランが容量無制限!

JALが提供している国際線機内Wi-Fiサービスの料金一覧ですが、

  • 1時間プラン 10.15ドル
  • 3時間プラン 14.40ドル
  • フライトプラン/24時間 18.80ドル

といったものです。ガッツリ長く使える「フライトプラン」ですが、例えば乗り継ぎで次の便に乗った時でも、JALの機内Wi-Fiが搭載されている機材であれば、引き続きログインして利用できます。

機内Wi-Fiサービスに関しては、既にANA/全日空でも同様のサービスを行っていますが、大きく異なるのは、ANAは使用容量に制限があるのに対して、JALは利用時間内での通信容量は無制限で利用できるという点。因みにこちらANA/全日空で提供されている「ANA Wi-Fiサービス」の利用料金となります。

  • 30分プラン 4.95ドル *15MB上限
  • 1時間プラン 8.95ドル *30MB上限
  • フルフライトプラン 19.95ドル *100MB上限

JALカードや提携カードで支払うと10%OFFで購入が可能!

今回購入したのは「フライトプラン」で、購入時点から24時間使い放題のプラン。また、支払いにJALカードや提携カードを利用すると10%OFFで購入することができ、16.80ドルと日本円にして約1700円とよりお買い得に!

SSIDは「Japan Airlines」

機内に利用ガイドが提供されていますので、詳しい説明は割愛しますが、機内でネットに接続するまでの大まかな流れをまとめてみました。

まず、フライトモードの状態からWi-FiをONにすると、「Japan Airlines」を選択。ブラウザーを立ち上げると自動的に下のようなJALのポータル画面が表示されます。右上に見えるのが、現在のステータスでここが「衛生接続中」では問題なくネットに接続できますが、赤く「衛生接続なし」となっている場合はネット接続ができない状態となります。

jal-wifi-inflight

下の方にスクロールしていくと、「クレジットカード決済」の項目が出てきますので、ここで申し込みをタップします。

jal-wifi-inflight-1 次は「Hotspotログイン」画面ですが、既にログイン情報を持っている方はそのままログインし、新規作成の場合はそのまま下にスクロールすると「スペシャルディスカウント」が出てきますでの、こちらをタップします。

jal-wifi-inflight-3

プランから「フライトプラン」を選択

今回は、1時間プラン(10.15ドル)、3時間プラン(14.40ドル)、そしてフライトプラン/24時間(18.80ドル)の中からフライトプランをチョイス。また、JALカードでの支払いの「10%OFF」をタップします。

jal-wifi-inflight-4

次は「Hotspot Pass」の購入画面です。このサービスはT-Mobile社が提供するもので、「HotSpot Pass」を購入することで、インターネットへの接続が可能となります。

jal-wifi-inflight-5

そのまま下に行くとHotSpotアカウントを作成する項目があり、「メールアドレス」と希望する「パスワード」を入力したのち、「領収書に記載する情報」にて名前の入力します。
jal-wifi-inflight-6

そして最後の「お支払い方法」にて、JALカードの情報を入力。

jal-wifi-inflight-6-1

無事にネット接続が完了!

jal-wifi-inflight-7

複数の端末からのログインは不可

家族旅行などでは、家族それぞれのスマホ、またパソコンとタブレットといった組み合わせで同時に使えるの?!と期待される方もおられると思いますが、原則1アカウントに1台のみとなっており、例えばスマホでログイン済みの状態でパソコンからログインしようとすると、スマホ側がログアウトされる仕組みになっています。ただ、端末などの登録制限はないようなので、一つのログイン情報で順次使い回すといったことは可能なようです。

回線速度はかなり安定

一番心配な回線速度ですが、当然ばらつきはあるものの、ロシア上空辺りでは3.1Mbpsを記録するなど、かなり快適なネット環境を楽しむことができます。YouTubeなどもHDでの鑑賞は厳しいものの、品質を落とすことで途切れることなく動画を再生することもできました。また、この記事も国際線機内Wi-Fiサービスを利用しながら書いていますが、特にエラーなど発生せずにスムーズに画像のアップロードなどを行うことができました。

jal-wifi-inflight-speedtest

なかなか出発までバタバタしてしまって、ゆっくりと現地の事について調べる時間がなかった!とか、友達にLINEしてお勧めのレストランの情報を入手したり、またGoogle Mapで宿泊先の周辺や繁華街辺りの地図を事前にダウンロードしておく、といった用途で大活躍しそうな機内Wi-Fiサービス。海外に行かれる際は是非おためしあれ!

関連記事:  【ニュース】これで部屋の片づけの手間が省けるかも!eBookJapanにて週刊少年ジャンプデジタル版を紙と同日配信!

JAL 国際線機内インターネットサービス 機内Wi-Fiサービス

関連お勧めアプリ

関連お勧めアイテム

関連お勧め記事

デルタ航空、自分の指紋が搭乗券代わりに!現在新しい搭乗システムを試験中とのこと... 今までの搭乗券がeチケットになり、2DバーコードやNFCでスマホなどを使ってチェックインしたり、ゲートを通過できるようになっていますが、今回デルタ航空は新しい試みとして自分の指紋が搭乗券・ボーディングパスとなる新しい搭乗システムを試験中とのこと!夏休みなどで忙しくなる空港などでスピーディーなチェック...
今度はアメリカン航空、乗客の持ち物に乱暴な扱いをした添乗員が別の乗客を挑発も!... ユナイテッド航空でのオーバーブッキングによる乗客を強制的にフライトから引きずり落とす動画がSNSなどで拡散されたことは記憶に新しいですが、今度はアメリカン航空にて、フライトアテンダントが乗客のベビーカーを乱暴に取り上げ、かつ他の乗客を挑発する動画がニュースになっています。...
ユナイテッド航空、オーバーブッキングの一件で既に880億円近くの企業価値を失う... オーバーブッキングが原因で、飛行機から降りるように催促された男性が拒否、警察官が無理やり飛行機から引きずり出した出来事がソーシャルメディア上で炎上しているユナイテッド航空ですが、既に本件が引き金となり企業価値として1日にして880億円近くを失ったようです。...
デルタ航空、手荷物のリアルタイム・トラッキングを開始!自分の預けた荷物がどこになるのかを一目で確認... 一度手荷物の紛失を経験すると、毎回空港にてチェックインカウンターで「今回は大丈夫かな?」なんてドキドキすることがありますが、今回デルタ航空は旅行者向けにリアルタイムで自分の預けた手荷物の場所を追跡できるようになったとのこと!...
カタール航空のビジネスクラスで豪華にヨーロッパ旅行はいかが?トラベル・フェスティバル第2弾を実施中!... カタールの国営空港会社であり、ワンワールドに所属するカタール航空ですが、キャンペーン「トラベル・フェスティバル」の第2弾を展開中、3名以上の場合東京・羽田〜フランス・パリ間エコノミークラスが1人当たりなんと5万円弱、おまけに大人1名に対して子供1名分が無料になるキャンペーンを実施中!...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で