有機ELディスプレイやワイヤレス充電の搭載が期待される次期iPhoneですが、KGI証券によると、次期iPhoneシリーズの2017年第2四半期販売台数は、1億2000万〜5000万台という大台を見込んでいるようです!また、この数字はiPhone6、ならびにiPhone6 Plusの記録的な販売台数を上回る数になるとも?

iphone-8-concept-video-2

iPhone 8のスペックは?

来年に発売が予定されている次期iPhoneのラインアップですが、今までとは若干異なるスキームになるようです。まず、ハイエンド向けとして有機ELディスプレイの搭載が予想されてるのがiPhone 8であること、さらに現行モデルであるiPhone 7シリーズのマイナーアップグレードという位置付けのiPhone 7s、並びにiPhone 7s Plus、の計3つのモデルになると言われています。ハイエンド向けのiPhone 8ですが、今までのラウンドデザインから大幅に一新されたものになるとしており、加えてiPhone 7sやiPhone 7s Plusに関しては、現行モデルの筺体に使用されているアルミ素材から、今回はガラス素材に変更したものになるとしています。

ワイヤレス充電機能を利用するには、別途アクセサリを購入?

気になるワイヤレス充電機能ですが、KGI証券としては全モデルに搭載されると予想しており、筺体がガラス素材になるとされる2つのマイナーアップグレードモデルに関しては、今までと同様、CPUやGPUのアップグレードが図られるようです。

iPhone8ですが、前述の通り非常に大きなデザイン変更が行われる予定で、有機ELディスプレイが贅沢に使用されたモデルは、ガラスのフチがカービング処理をされた状態で、ほぼフチなしになるのではと予想されています。現行モデルより物理的なボタンが廃止されたホームボタンですが、iPhone8に関しては、TouchIDの指紋認証機能を含めてディスプレイに統合されるようです。

gym-phone-exercise-girl

多くの期待がかかるワイヤレス充電機能ですが、意見の一つとして、本体側には既にチャージング機能が搭載された状態であるものの、実際にワイヤレス充電を行う際には、別にアクセサリを購入する必要がある、という声も上がっています。

このように来年のラインアップがイレギュラーな形で予定されるようですが、ハイエンドやローエンド向けニーズを両方対応することで、AppleはiPhoneの販売台数を大幅に増加させたいと考えており、目標としては2014年第2四半期にて販売したiPhone 6やiPhone 6 Plusの販売記録となった1億1000万〜2000万台を上回りたいとしています。

有機ELが搭載されるとするiPhone8ですが、サイズは5.8インチと予想される中、ディスプレイの一部分は丸みを帯びたカービングスタイルとなるため、実際にタッチスクリーンとして利用可能なディスプレイ領域は5.2インチ程度になるのでは、と予想しています。それにしても、今から有機ELディスプレイモデルが気になります!

発信元:9to5Mac

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で