ヨドバシカメラからLTE使い放題のSIMカード「Wireless Gate SIM」が発売になりました。特徴は、プランの中に最大速度が3Mbpsで容量無制限で月額1,680円で利用できることや公衆無線LANが付いてくるところです。全プランで解約違約金がないと言うのもポイントとなっています。

yodobashi-sim

ヨドバシSIMの料金プラン

データ通信専用 Wi-Fi+LTE

  • 480円プラン(SMS付630円)
  • 最大 250kbps使い放題
  • 国内40,000か所のWi-Fiスポット

データ通信専用 WirelessGate SIM FonプレミアムWi-Fi

  • 1,680円(SMS付1,880円)
  • 最大3Mbps使い放題
  • 世界1,900万か所のWi-Fiスポット

音声通話対応 WirelessGate SIM FonプレミアムWi-Fi

  • 2,980円 SMS付
  • 最大3Mbps使い放題
  • 世界1,900万か所のWi-Fiスポット

ysim

Wi-Fiが付いているのはいいんですが、そんなに一定の場所で座ってます? 結構自分はWi-Fiスポットに縛られるのはモバイル通信としては意味がないと思っているんですよね。だって、カフェとかに入ってその分、追加で費用が発生するわけですから。おまけ程度にしか考えない方がいいと思います。そのカフェ分通信費にしたらどうでしょう。

使うかわかりませんが「FONの利用権」と初心者に安心の「ヨドバシ実店舗でのサポート」が他のSIMとの違いになりますね。

3Mbpsってどのくらいの速さ?

さて無制限で思いつく、使いたいサービスに出てくるのが、動画ストリーミング、音楽ストリーミングですよね。HD動画の必要通信速度って2.5Mbpsくらい必要と言われていますね。2.5Mbpsっていうのは、2,500bit per second のことなので、8bitで割って、312byte per secondになります。なので1分あたり18.75MB、60分で1,125MBなんですね。7GB制限だったらHD動画を7時間観るとアウトです。

HD画質で常にダウンロードができるかというのは3Mbpsが最大値なのでちょっと厳しいかもしれません。じゃあ音楽配信サービスはどうなのかと、アスキーさんの記事(こちら)によるとApple Musicのストリーミングがおおよそ170kbpsだというので、時間あたりの計算だと、以下のようなイメージです。

1分、1.275MBbpsで、1時間あたり76.5MB、一日中(12時間)音楽をかけっぱなしにすると、1日918MB使うことになりますから、30日間で27GBくらいを使うことになりますね。

イオンモバイルで音声付きプランで30GBは7,980円になります。もし仮に音楽ストリーミングをずっとし続けるという特殊環境であればこのSIMはいいと思いますが、そこまで使うのかどうか。ただしどのくらい使うと通信制限がかかるかは今のところ不明です。

本当に無制限って必要なの?

1日4時間、音楽ストリーミングをしたらどうなるでしょう。1ヶ月で9GBです。イオンの音声付き8GBが2,680円、データSIMなら8GBが1,980円です。こうなってくると今度は速度を犠牲にして同じくらいの価格になってくるので、逆に容量を無制限にする必要は無くなってきます。

ヨドバシSIMの使い方

  1. パッケージを購入:「WIRELESS GATE SIM」のパッケージをヨドバシカメラ店舗や通販で購入
  2. SIMカードを端末に挿入:SIMカードを手持ちの端末に挿入
  3. ブラウザを起動:SIMカードが挿入された端末の電源をONにし、APN設定を行い、ブラウザを起動すると自動的に申込ページに接続
  4. 必要事項を入力し申込
  5. 申込ページ内の必要事項を入力:支払い用のクレジットカード情報登録
  6. 専用アプリをインストール:申込が完了すると確認メールが到着、本文記載のURLより専用アプリをインストール
関連記事:  MacOSXで複数のファイル名を同時に変更するには?ヤフオクの写真掲載の時とかに便利です

ストリーミングで音楽聴きまくるって人にはいいかもしれませんし、月々固定にしたい人はいいかもしれませんが、オフライン視聴機能もうまく使う気がある人の場合には、LTE通常速度で接続できるプランを利用した方が時間的にも賢いと思いますがいかがでしょうか。

発信元:Black House

関連お勧めアイテム

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で