新型10.5インチiPad Proの噂が続々と登場していますが、ここにきて発表となるタイミングは今年の第二四半期以降になる可能性が浮上しています。今回ラインアップが一新されるとするiPad Proシリーズですが、今後の動向が気になります!

iPad Pro series

新型iPad Proは3種類!

2017年にリリースされる予定のiPad Proは合計で3つのラインアップを予定しており、まず現行モデルでもある12.9インチのサイズの新型iPad Pro 2、ローエンド向けの価格設定をしてくるとされる9.7インチモデル、さらには今回新しく追加されると言われる10.5インチモデルになると予想されています。

この新しいタイプのiPad Proに関してですが、スペックとしてはTSMC社製A10Xチップセットを搭載するようで、ディスプレイサイズは10インチから10.5インチの間とされ、外見は縁なしタイプなベゼルフリーのデザインを採用することのこと。

ipad_lineup_2016_sides-800x167

今回、Digitimesが入手した情報筋によると、9.7インチiPad Proの量産開始が第一四半期に開始され、12.9インチや10.5インチモデルが第二四半期に入ってから開始されるとしていますが、3つのラインアップとも発売開始はともかく、発表自体も第二四半期に入るまで行われないのでは、としています。

今回の新型10.5インチですが、KGI証券アナリストであるMing-Chi Kuo氏によれば、今回搭載予定のA10Xチップで使用される10nmベースの半導体の歩留まりが芳しくなく、量産体制が遅れるのではという見方をしています。

IPSディスプレイが搭載されるとされる、今年の新型10.5インチiPad Pro。今から待ち遠しいですね!

発信元:9to5Mac

[ios-ipad-apps][/ios-ipad-apps]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で