今年に予定されている新型iPad Proですが、新しく追加されるハイエンド向けと言われるモデルは画面サイズが10インチから10.5インチの間で最新A10Xチップセットを搭載するようです。気になる発表時期は?

ipadpro_lineups

iPad Proシリーズのラインアップは3種類に

Appleのレポートなどでお馴染みの、KGI証券アナリストMing-Chi Kuo氏によると、2017年にリリースされる予定のiPad Proは合計で3つのタイプになるようで、現行モデルでもある12.9インチのサイズである新型iPad Pro 2、ローエンド向けの価格設定をしてくるとされる9.7インチモデル、さらには今回新しく追加されると言われる10インチ台モデルになると予想されています。

この新しいタイプのiPad Proに関してですが、スペックとしてはTSMC社製A10Xチップセットを搭載するようで、ディスプレイサイズは10インチから10.5インチの間とされ、外見は縁なしタイプなベゼルフリーのデザインを採用することのこと。

ipad_lineup_2016_sides-800x167

近年、iPadを始めとしたタブレット市場の縮小が顕著になりつつありますが、Kuo氏によると2017年のiPadの売上に関してはかなり回復するとしており、前年比と比べて売上減少幅が小さくなるとしています。その理由として、iPad miniのプロダクトラインアップが終了することによるiPad Proシリーズモデルへの注力に加えて、タッチセンサーモジュールやディスプレイパネル周りのサプライヤの数が増えてきていることで、コストカットもより効率的に行うことができる、と見込んでいます。

Barclays Researchによると、この新しいベゼルフリーなiPad Proの登場は2017年3月、または4月頃にデビューするのではと言われている中、新型iPhoneであるiPhone 8シリーズもベゼルフリーな丸みを帯びたディスプレイを搭載するとも言われており、今年はAppleのモバイル製品ラインナップにおいてディスプレイ周りのデザインが大きく変わることになりそうです。

発信元:MacRumors

[ios-ipad-apps][/ios-ipad-apps]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で