自分の価値はお幾ら?トレーディングカードの様に売買が可能な「VALU」が大人気!

まるでトレーディングカードの様に自分や他人の価値・バリューを売買できるサービス「VALU」。今年5月31日より開始し、今では著名人なども参加している大人気のサービスですが、楽しみ方は大きく分けて2通りあります。一つはVALUユーザーのアクティビティなどを楽しんだり、コミュニケーションをとったり、また他人のVALUを取引したりする、もう一つは自分の価値・VALUを公開して売り出し、参加者に購入してもらうというものです。今回は、前者の楽しみ方を特集してみました。

ユーザー登録はとても簡単!

ユーザー登録はとても簡単で、Facebookアカウント経由でログインすることができます。その際、Facebookのプロフィール画像などが引き継がれる形になっています。

アカウントができたら、何はともあれウォッチリストに迷わず登録!

VALUのウォッチリストですが、これはTwitterでいうフォローに当たり、ウォッチリストに登録することで、そのユーザーのアクティビティである書き込みの最新情報やVALUの取引の様子などが自分のタイムライン状に流れてきます。

どんなアカウントをフォローすれば良いかですが、

  • 検索:VALUサイト内で検索が提供されていますが、現時点では名前かユーザー名のみとなっているため、知っている人を探すには便利かも
  • ピックアップ:VALU運営局が毎週チョイスするVALUユーザーが様々なカテゴリーからピックアップされます。
  • Twitter:検索で「VALU lang:ja」などと入力することで、VALUに積極的に参加しているユーザーを探すことができます。因みに「lang:ja」ですが、これを入力することでツイートの検索結果を日本語のみに絞ることができます。)

因みに当メディアの編集部メンバーも参加しておりますので、是非ウォッチリストに登録してみてください。詳しくはこちらをクリック!

「いいね」やコメントで積極的に参加

ウォッチリストに登録しているユーザーのタイムラインが更新される毎に、自分のタイムラインが流れて行く様になります。また、ウォッチしているユーザーのVALUの取引が行われる際もタイムラインが更新されていきますので、「あ、このユーザーのVAは活発に取引されているなあ」なんて、客観的に見ることができます。

また、タイムラインに流れたコメントなどはFacebookの様に「いいね」をしたり、コメントをしたりしてコミュニケーションを楽しむことができます。

VALUを購入する準備

ウォッチリストに登録したり、他のVALUユーザーを眺めていると、「このユーザーは是非支援したい!」と行ったケースや、VALUユーザーが提供している特典や優待にとても興味がある!と言ったケースが出てくると思います。VALUの購入には仮想通貨であるビットコインが必要となるのですが、その調達方法をご紹介します。

1. ビットコイン取引所経由で購入する

日本の場合は、下記の様なビットコインの売買を提供するネット上の取引所経由で購入したり、売却したりできます。いずれも、メールアドレスなどで簡単に登録が可能ですが、入金や売買などを行う場合は本人確認書類の提出などが必要となる様です。

  • bitFlyer:業界最王手、資本金国内最大
  • coincheck:仮想通貨の取り扱いが豊富で、最大9種類をカバー。詳しくはこちら

2. 自分のVALUを売りに出す

VALUアカウントを作成した後ですが、自分の価値を他のユーザーに売買してもらう「MyVALU」の登録が可能となります。この部分に関しては次回の特集で取り上げたいと思います。

実際にVALUを購入してみる

実際にビットコインを他から購入してVALU内に送金してから、最短で数時間程度で承認され、自分の口座に入金される形となります。

気になるユーザーの「データ」をクリックすると、下記の様な情報が表示されるかと思います。今回は当メディア編集部メンバーのデータを例にとっています。

まず、通貨ですがビットコインであるBTC表示か、またはJPY日本円を選択できます。時価総額は対象のユーザーのソーシャルネットワーク上のプレゼンスなどを総合的に評価して算出された金額となり、また発行VA数はいわばトレーディングカードの全枚数を指しています。VALUER数ですが、対象ユーザーのVALUを保有するユーザー数で、現在値は現在取引されている金額となります。

下の「買い気配値」や「買VA数」、また「売り気配値」や「売VA数」ですが、株式の取引などに馴染みのある方であればご存知の板情報に似ています。上記の例の場合は1BTC = 460,000円換算の場合ですと、「0.006(約2,760円)」で買いたい!というのが2つ、そして「0.0085(約3,910円)」で売りたい!というのが2つ見える形になります。

自分の持ち合わせている予算とも相談しながら、この現在売りに出ている「0.0085」で購入しても良いですし、「もう少し下の価格で購入したいかな」と思う方は「0.006」だったり「0.0075」と言った価格を入力することで「この価格で購入したいです!」という意思表示を行うことができます。その買い気配を見て、既存のVALU保有者は「よし、この価格で既に買い気配が出ているからこの値段で売ろう!」とか、「もう少し高く売りたいから、この価格で売りに出そう」と言ったアクションを取る形になります。

もし売買が成立した場合、晴れてあなたはそのユーザーのVALUERとなる訳です。これで、鍵が付いたVALUERのみに限定で配信されているタイムラインや優待情報にアクセスできる様になります。

売買が可能な時間帯は9:00〜21:00

売買取引および出金の受付ですが、土日祝日を除く平日の 9:00 ~ 21:00(日本時間)となっており、時間外の場合は下記の様な画面が表示されます。ちなみにこのイラストはVALUユーザーが投稿したもので、再読み込みするとコロコロ変わる様になっています。

Illustrated By くもまる【公式】

全く新しい市場を作り出したVALU。様々なユーザーが、様々な思惑を持って参加しているこの独自のマーケットですが、今後もメディアなどで取り上げられる機会が増えてくると思います。株式や投資とは異なるこのVALU、今後のこのサービスに注目です!

関連記事:  【リーク】iPhone6はNFCやIEEE 802.11ac対応が確定?!次モデルのロジックボードの写真が新たにリーク!

VALU:あなたの価値を、VALUでシェア

関連お勧めアイテム

関連お勧め記事

Bitcoinから新たにBitcoin Cashが派生!あなたのビットコインはどうなるの?... 世界中で注目されていた、Bitcoin分裂の大イベント。今回の分裂は「ハードフォーク」と呼ばれ、数ヶ月前から予想されてきましたが、今回8月1日、日本時間で午後9時頃に実際に現実となりました!自分の持っているビットコインは果たして?また大人気サービスである、自分の価値をユーザーが自由に売買できる「VA...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で