既に公式ページなどでアナウンスがありましたが、2018年1月1日よりYouTubeの公式アプリがAmazonのデバイスであるFire TV向けのサービス提供を停止する、といったニュースがネット中で話題となっていますが、残念なことに数日早くこの打ち切りが開始されているよう!

Fire TVにてYouTubeのチャンネルを立ち上げると、下記のようなメッセージが表示され、チャンネル経由でのYouTube再生ができなくなったこと、そして代替案として、Amazonの提供するSilkブラウザー経由、またはFirefoxブラウザー経由(既にインストールされている場合)での閲覧を勧める、というものです。

Image: Jared Newman / Fast Company

当初のアナウンスでは、YouTube側が2018年1月1日より公式アプリをAmazon Appstoreより削除する、といったものでしたが、今回の対応がAmazonによるものなのか、またはGoogle側によるものなのか、明らかになっていません。Amazon広報がThe Verge側に伝えた内容によると、「YouTubeやその他数百にも及ぶウェブサイトは、Fire TV上でSilkブラウザーやFirefoxブラウザーからアクセスすることができます」と述べたようです。また、2週間前には、Google側がThe Vergeに伝えたところによると、本件に関して「建設的なディスカッションを行なっている」ということでしたので、それから想定外の事態が発生し話がまとまらなかったのかも知れません。

最近では、テレビ局やレーベルを含めて、公式チャンネルで高画質な映像を配信していることもあり、Fire TVでYouTubeを楽しんでいる方々も多いかと思います。特に年末年始は自宅や実家に帰郷して家の中で時間を過ごす方も多い中、今回のFire TVシリーズにてYouTubeが公式に見れなくなるというのは、何とも残念で仕方がありませんね。

発信元:The Verge

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で