日本で絶賛公開中の『ブラックパンサー』ですが、今年1月にチケット販売を手掛ける米Fandangoが、マーベル映画内での前売りの記録を塗り替えたと発表したのも記憶に新しいところ。なお、新しく公開される『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ですが、前売り券の発売開始後、何と6時間でその記録を抜いてしまった様です!

世界中で好調な『ブラックパンサー』ですが、興行売上も既に10億ドルと日本円にして1,050億円をオーバーするといった快挙を成し遂げています。先ほどのFandangoの行ったユーザーアンケートによれば、今回の新作上映を待ち望むユーザーが多い中、『ブラックパンサー』を見たユーザーは、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の公開開始をより強く熱望しているとのことです。

日本では、米国と同時期となる4月27日に一般公開される、この『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』。過去10年に渡り、18本もの映画を送り出してきたマーベルですが、今回の新作に掛ける期待は大変大きいものになっています。参考として、過去の『アベンジャーズ』の興行売上は1,575億円、また『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』は1,470億円という記録を持っています。

今回のストーリーはマーベル史上最凶の敵サノスとの戦いに挑むのは、前作からのアベンジャーのメンバーに加え、スパイダーマンやドクター・ストレンジも参戦するというもの。前代未聞の究極の戦いに注目です!

発信元:The Verge

関連お勧めアイテム

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で