噂が続いている新型iPad Proですが、新機能としてFace IDが搭載され、ホームボタンの廃止、発表は6月に開催されるWWDC 2018にて行われ、発売開始は2018年第2四半期になるようです。気になるパフォーマンスや価格帯は?

新型iPad Proですが、現行モデルと比較してベゼルレスなモデルとなり、iPhone Xと同様長年続いてきたアイコニックとも呼べるホームボタンの廃止に加えて、Face IDが搭載されるとしています。サイズですが、10.5インチと12.9インチの2つのモデルが想定されています。

OLEDディスプレイの採用の可能性は?

ディスプレイに関してですが、量産体制やコストの関係上、期待されているOLEDではなく現行モデルと同じRetinaディスプレイLCDが採用されるようです。なお、iPhone Xの前面ディスプレイにある「ノッチ」ですが、今回の新型iPad ProでもTrueDepthセンサー採用のため同じようなデザインとなるのか、または上部部分のベゼルに若干スペースをもたせるのか、どちらかになるのではと言われています。

パフォーマンスに関してですが、最新チップセットであるオクタコアA11X Bionicチップの3つのMonsoonコアに加えて、5つのMistralコアを採用するとされており、iPhone XやiPhone 8/8Plusの構成である2つのMonsoonコア、また4つのMistralコアと比較して、かなり高速になるのでは、と予想されています。

気になる価格帯

新型iPad Proラインアップの気になる価格帯ですが、10.5インチモデルが649米ドル(約7万円)、また12.9インチモデルが799米ドル(約8万5000円)と想定される中、新しい9.7インチiPadが259米ドル(約2万7000円)として3月にリリースされるかもしれない、とのことです。

今年のWWDC 2018は、カリフォルニア・サンノゼにあるMcEnery Convention Centerにて開催が予定されており、新型iPad Proを始めとして数多くのAppleプロダクツのアップデートが発表されると予想されています。今から楽しみですね!

発信元:MacRumors

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で