2019年9月10日まであとわずかとなり、当日発表される予定の新型iPhoneの噂などがネットを騒がせている中、Bloombergによると新型iPhoneの背面のど真ん中にAppleロゴマークが配置されるようです。その理由とは?

今回新型iPhoneにて予想されている機能の一つとして、ワイヤレス充電供給があり、QiベースによってiPhoneの上にApple WatchやAirpodsのケースを置く事で、充電ができるとされています。既にSamsungのリリースしているスマートフォンであるGalaxyシリーズでは、Qi規格による「ワイヤレスパワーシェア」で他のデバイスへの充電供給が可能となっています。

そのため、ワイヤレス充電供給を行うに際して、どの辺りにApple WatchやAirPodsのケースを置いたら良いのか、という観点からAppleロゴはワイヤレス充電Qiが搭載されている中央部を明示する様に配置される、と言う見方を示しています。

今年7月には、AppleのサプライやであるFoxconnの元従業員とされる人が、新型iPhoneでは背面のAppleロゴがなくなる、と述べていましたが、今回のBloombergの見解はその噂を覆すものとなります。

BloombergのMark Gurman氏によれば、現行モデルと比べてより割れにくいガラスが採用される事や防水性能が劇的に向上する事、さらにiPhone XRに新色出るあるグリーンが加わる事になる、と予想しています。

新型iPhoneの噂まとめ

今年2019年に発表されるであろう新型iPhoneですが、3つのサイズ構成、有機ELを採用する5.8インチ、6.5インチ、またLCDを採用する6.1インチサイズになり、プロセッサは最新モデルとされるA13チップセットを搭載に加え、背面カメラ周りも大幅にアップグレードされ、有機ELディスプレイを搭載する2つのモデルでは、カメラレンズを3個採用したトリプルレンズ構成になるとしています。このトリプルレンズにより、3Dモデル関連に加えて、ARの機能も大幅に向上すると見られています。

何れにしても、あとわずかとなった新型iPhoneの発表イベント。今から心待ちにしたいと思います。

発信元:MacRumors

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で