かなり多くのリーク情報や写真で溢れるGalaxy S10シリーズですが、既に米国では先行予約を行うことが可能となっており、加えて大変魅力的な下取りプログラムも展開されている事で、最新機種への買い替えもかなり人気が高くなりそうです!

ティーザーサイト上では、合わせてSamsungが展開する下取りプログラムに関する詳細も確認でき、例えば対象機種がGalaxy Note 9、Galaxy S9/Plus、iPhone XRやXS/Maxの場合、最大550ドル(約6万円)が提示されている形です。加えて、50ドル分のアクセサリ購入に利用可能なクレジットが貰えたり、先行予約を行うことで、3月8日までに端末を受け取ることができるといった特典が準備されています。

今回予想されている新型Galaxy S10シリーズのラインアップですが、ハイエンドである注目のGalaxy S10、一回り大きいサイズのGalaxy S10 Plus、またリーズナブルなS10e、そして時期を少しずらす形でリリースが予定されている次世代モバイル通信の5Gに対応したGalaxy S10です。最新版のQualcommチップセットであるSnapdragon 855を搭載し、加えてWi-Fi 6が採用されるのとこと。

また、限定モデルでは容量が1TBや12GB RAMのメモリ搭載タイプも提供されるようです。

Galaxy S10eのスペック

画面サイズは他のモデルと異なり、5.8インチになるようです。前面カメラは、他のモデルと同じく右上に配置されるものの、背面カメラはデュアルレンズ構成になるとの事。また、ベゼルも若干大きくデザインされているようです。

Image: Slashleaks

Galaxy S10 Plusのリーク動画か?

今回リークとなった動画では、Galaxy S10 Plusと思われるデバイスのロック解除の様子が写されていますが、画面下中央に丸い部分が確認でき、噂されているディスプレイ内に埋め込まれた指紋認証スキャナーである可能性が高いようです。それにしてもこの位置だと、かなり液晶保護フィルムや強化ガラスで画面を保護するにはかなり手こずりそうです。

発信元:The Verge

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で