Playstationシリーズの次世代コンソールであるPS5に期待を寄せるコンシューマーが多い中、今回スペックの詳細がより明らかになってきました!何と8K対応に加え、次世代SSDドライブで高速ローディング時間の実現、レイトレーシング対応や既存PSVR動作とてんこ盛りな内容になっています!

今回、Wired紙が行ったインタビューの中で、PS4のリードシステムアーキテクトであるMark Cerny氏によると、Playstation 5のスペックは、PS4 Proの様な単純な機能アップに留まらないとしています。

明らかになっているハードウェアスペックはこちら

Playstation 5では、全く新しいハードウェアを搭載し、AMD 第3世代であるRyzenをベースとした8コアのCPUに加え、GPUに関してもAMD Radeon NaviハードウェアをベースとしたカスタムGPUを搭載し、家庭用コンソール機で初となるレイトレーシング(光線追跡法)グラフィックを実現すると言うもの。これにより、何と8Kグラフィックのサポートを提供可能としています。

加えてサウンドにも力を入れ、AMDのチップセットで3Dオーディオに対応するためのカスタムユニットを搭載する予定だとしています。

ストレージ周りに関しても、既存のHDDからSSDへ変更となる事で、タイトルのロード時間を大幅に短縮する事が可能になる。一例として、スパイダーマンですが、既存PS4上でのロード時間は15秒なのに対して、開発向けPS5デバイス上では何と0.8秒しかかからないとの事。

気になるPS4との互換性は?

また、誰もが気になっている既存PS4との互換性に関してですが、こちらもサポートをする予定でいる様です。PS4が発表された際、PS3のタイトルがプレイできない事に大きな不満を覚えたユーザーも多いはず。アーキテクチャーとして、PS4とPS5は似た構造となっており、クロスプラットフォームの対応が容易にナルトの事。さらにゲーム自体の配布に関しては、ダウンロード販売のみではなく、ブルーレイディスク経由でのパッケージ販売も提供される様です。実際にPS5が発売された以降、移行期間を考慮して、当面の間はゲームタイトルがPS4とPS5向け両方に配布されるとしています。

PlaystationのVRヘッドセットであるPSVRですが、新モデルに関する情報は依然ないものの、既存のPSVRがPlaystation 5上で動作する様です。

現状明らかになっているハードウェアスペックは以上で、発売時期などはまだ明らかになっていないものの、今年2019年中のリリースはなさそうです。米国・LAで6月11日より開催されるE3 2019にて、より詳しい情報が公開される事になると見られています。

発信元:The Verge

関連動画

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で