スマートバンドとして人気が高い、HUAWEI Bandシリーズの新型HUAWEI Band 6が発表されました!画面が前モデル比で150%近く大きくなり、今話題の血中酸素(SpO2)センサー搭載やワークアウトも96種類に対応など、てんこ盛りな内容となっています。バッテリーも14日間と長時間の連続使用が可能です。

画面サイズは1.47インチに

今回のモデルであるHUAWEI Band 6では、画面が1.47インチのAMOLEDとなり、前モデルであるHUAWEI Band 4 Proと比較して画面表示エリアが150%近く拡大した事に加え、画面占有率も42%向上したようです。解像度は194 x 368ピクセルとなっています。

血中酸素(SpO2)センサー搭載

今話題の血中酸素であるSpO2ですが、HUAWEI Band 4 Proと同様SpO2センサーが搭載されており、常時測定機能を有効にしておくことで、モニタリング中に血中酸素レベルが低くなった場合は、しっかりと通知をしてくれます。

防水対応ですが、5ATMで水深50メートルでの耐水性があります。

心拍数モニタリングや睡眠モニタリング機能

さらに心拍数や睡眠モニタリングも前モデルから引き継ぐ形で、HUAWEI TruSeen™ 4.0やHUAWEI TruSleep™ 2.0テクノロジーでユーザーの健康状態のモニタリングを支援します。加えて、女性向けの月経周期トラッキング機能も付属しています。

スマホアプリですが、AndroidやiOS向けに提供されているHUAWEI Healthアプリとの同期を行う形となります。

バッテリー持続は2週間

HUAWEI Band 6のバッテリー容量は180mAhで、通常使用で約2週間持続するので頻繁な充電を行う必要がない他、たとえ電池が切れたとしても5分の充電で2日間も利用ができるので、とても安心です。

気になる価格帯ですが日本向けには8,580円(税込)で、4色展開のうち、グラファイトブラックは4月30日〜、サクラピンク、フォレストグリーン、アンバーサンライズカラーは5月以降に発売を開始するとの事です。因みに中華グッズでお馴染みのAliExpress(MALL Store)では、グローバルモデルの4色が取り扱いがあるので、「5月まで待てない!」という方は直接AliExpressからの購入もアリかと思います。

購入はこちらから

AliExpress – MALL Store

関連お勧め動画

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で