最大18時間の稼働と謳われているApple Watchのバッテリー。実際は果たしてどれぐらい持つの?

24日より順次「開封の儀」などが各メディアやブログなどで掲載されている「Apple Watch」ですが、Apple公式サイトで謳われている「最大18時間稼働」に対して、実際のユースケースで使用した時のバッテリーの持ちや充電時間が気になり、少し計測をしてみました。

IMG_1208.JPG

 

まずは充電スタート!

計測に使用したのは、Apple Watch Sport 42mmケースタイプ。最初に電池残量が50%辺りになった頃から充電開始としました。時間としては、スタート1日目となる午後6時からのスタートです。

Apple-Watch-Charging-50-percent

100%になったのは?

午後6:40頃には、88%辺りまでチャージされ、100%の表示がされたのは午後7:17辺りでした。よって、50%~100%までの充電時間は、約1時間17分程度となりました。

Apple-Watch-Charging-100-percent

 

100%になった辺りから実際腕に装着して使用していきます。夜の午後11過ぎ辺りには電池の残量が89%という表示に。

なお、使用しているアプリや通知の種類ですが、iPhone側で設定されている通知である、Amazonの出荷案内、メーラーのCloudMagic、Twitter、Instagram、Slackなどのサードパーティアプリから、電話、メッセージ、カレンダー、そして新しく追加されたActivityなどです。

 

2日目の朝は76%

一晩中寝ているときに装着を行い、翌日の2日目朝となる午前5:30頃には76%の表示が。最初に想定していたよりも残量が減っていないので、とても嬉しい気分に。

Apple-Watch-Charging-76-percent

 

仕事などでようやくエンジンがかかり始める午前10:30頃ですが、電池の残量は64%。そしてランチブレイクを無事に終え、アフタヌーンティータイムを過ぎた午後4:15には47%と、ようやく半分を切ってきた形になります。丁度このタイミングで電話がかかってきたので、Apple Watchでハンズフリー通話をしてみました。

Apple-Watch-Charging-phone-call

5分程度の通話でしたが、電話が終わったタイミングでは44%に。Apple Watchでの電話はバッテリーを使うようです。

 

なんと翌日の朝まで?

早くに目が覚めた3日目の朝6時。てっきりバッテリーは切れてしまっているだろうと思ったのですが、なんと残量は6%と予想に反してまだ動いていました!

Apple-Watch-Charging-6-percent

 

それから、眠たい目をゴシゴシ擦りながら、ニュースやメッセージ、心拍数などをチェックした20分あまりの後、画面が暗くなり、「Power Reserve」と呼ばれる省電力モードへ切り替わりました。このモードでは、通信やアプリなどを使うことはできないのですが、時刻だけは確認することができるようになっています。因みにこの省電力モードは、6秒ごとに時刻の表示が切り替わる仕組みになっています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

IMG_1210.JPG

 

予想以上に電池が持つことが判明!

100%に充電をした時から数えて、稼働時間はなんと35時間という結果になりました。タイミングにもよりますが、今回のケースでは充電した後に2日も夜を越せたというのは何とも驚きの結果でした。逆に夜を跨ぐことでほぼ画面もONになっていなかったことが功を奏したのかもしれません。

当然、それぞれのユースケースやライフスタイルによってバッテリーの持ち具合は異なりますが、当初想定していたよりもバッテリーの持ちが良かったというのは、とても朗報だと言えるでしょう。これで、買おうかどうか迷っていた追加の充電マグネットも少し様子を見ることにしてみます!

 

関連お勧めアイテム

 

関連記事:  初!iPhone6 5.5インチモデルの背面パネル動画がリーク!

関連お勧め記事

iPhone 8やiPhone Xに搭載のA11 Bionicチップセット、MacBook Proと... 先日発表されたiPhone 8シリーズ、並びにiPhone Xに搭載されている最新のチップセットである6コアベースのA11 Bionicですが、ベンチマーク結果によると13インチモデルのMacBook Proと同等の性能を誇るとのことです!ワイヤレス充電やFace ID、またニューラルエンジン搭載と...
次期iPhone 8やiPhone 7sシリーズの量産がいよいよ開始へ!OLEDパネルの供給が難航し... いよいよ発表まであとわずかとなった次期iPhone 8やiPhone 7sシリーズですが、9月の販売開始に向けて3つのモデルとも量産体制に入ったとのことです!iPhone 8で採用される予定のOLEDパネルの供給が難航しているとも言われており、販売当日はかなり台数が限定されるとも。...
Apple、拡張現実であるAR搭載メガネのプロトタイプを開発中?スナップ動画が撮影可能なSpecta... 次期モデルであるiPhone 8の発表が近づくにつれ、様々なリーク情報などが飛び交うApple界隈ですが、今回はAR・拡張現実をサポートするメガネのプロトタイプを手がけているという情報で盛り上がっています!機能的なイメージとしては、Snapchatが発売中のスナップ動画が撮影できるサングラスSpec...
次期iPhone 8のTouch ID、今度は側面の電源ボタンへ移行?... 次期iPhone 8の発表まであと数ヶ月といったところですが、ここにきてiPhone 8のレンダリングがケース製造メーカーからリーク、現行モデルとは異なる大きな電源ボタンやロックボタン、縦に並んだデュアルカメラレンズ、そして長く噂されていた背面パネルからTouch IDが消えています!...
次期iPhone 8と思われるデバイスのリーク写真が公開に!前面パネルはボタンが一切ない液晶ディスプ... 今年の9月に発売が予定されている次期iPhone 8ですが、発表のタイミングが近づくにつれ色々とリーク情報などが溢れていますが、今回次期モデルと思われる前面及び背面のリーク写真が公開されました!ホームボタンが排除された前面パネルは一面液晶パネルで期待が高まります!...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で