ノートサービスとしてEvernoteを長く使ってきたユーザーも多いと思いますが、2016年6月以降の有料プランの値上げや無料ユーザーにて利用可能な端末が2台に制限されたことなどを受けて、代替サービスを検討しているユーザーも少なくないはず。そんな中、今回Microsoftが自社OneNoteにEvernoteのノートを簡単にインポートできるツールをMacアプリとして公開しています!

evernote-onenote-microsoft

OneNoteに移行された数は7100万ページにも!

今回のEvernoteのサービス内容の改定を受けて、AppleのノートやMicrosoft OneNoteに移行しているユーザーがかなり多いようですが、MicrosoftによればEvernoteからOneNoteにインポートされたノートの枚数は今年3月以降7100万ページにも及ぶとのこと。

インポートツールはこちらからダウンロードが可能です。OneNoteですが、ウェブからのアクセスに加えて、WindowsアプリやMacアプリ、iPhoneやiPadアプリ、そしてApple Watchアプリが提供されているのに加えて、Android版でも利用することが可能です。

evernote-onenote-microsoft-2

今回Evernoteが無料ユーザー向けの制限とした「同期可能なデバイス数は2台まで」という内容にかなり不満を持っているユーザーは多く、今回のOneNoteのデバイス間のノート同期は無制限で可能、というのはとても魅力的と言えそうです。

発信元:9to5Mac

アプリダウンロード

AppStore

Google Play

関連お勧めアイテム

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で