iPad Proラインアップに新しく10.5インチモデルが追加か?曲面ディスプレイをメインとした劇的なデザインに?

Apple Pencilの登場により、より直感的に、よりクリエイティブな操作を実現しているiPad Proシリーズですが、情報筋によれば2017年に新しく10.5インチのiPad Proが加わり、新たにAMOLEDである有機ELディスプレイが搭載されるとのことです!iPadにて曲面ディスプレイがいよいよ搭載されるのか、注目されています!

ipad-pro-lineups

KGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏の伝えるところによれば、2018年モデルに劇的ななデザインの変更が行われる予定で、想定としてはフレキシブルなAMOLEDディスプレイ(有機EL)の採用が予定されています。また、9.7インチモデルに関しては「低価格版」という位置付けになるとのこと。

今回新たに加わる10.5インチモデルですが、主に教育向けの市場をターゲットとしたものになるとされており、依然政府関連や企業向けのニーズが高いことを意識してのアプローチと見られています。

iPad miniのラインアップはどうなるのか?

Kuo氏ですが、今回のレポートでは7.9インチであるiPad miniに関して全く言及しておらず、市場として想定されているのはAppleが今後大型のiPad Proラインアップにシフトしていくのでは、という見方が強まっています。小型のiPadシリーズのファンからすると残念なニュースになりそうですね。

2018年は、iPadシリーズにおいて劇的な変化を遂げるデザイン変更が行われると見られており、2018年の早い時期に、デザインからしても、そしてiPadの利用シーンからしても曲面ディスプレイが搭載される可能性があるともしています。

2017年はiPhoneシリーズに劇的なデザイン変化が行われるともされており、今後のAppleの動向には目が離せません!

発信元:The Verge

関連お勧めアイテム

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で