KGI証券アナリストであるMing-Chi Kuo氏によると、新型iPhone 8のディスプレイの下部がバーチャルファンクション領域となり、物理的なホームボタンなどが廃止される予定ですが、加えてスクリーン密度も521PPT、また2436 x 1125ピクセルと大幅なアップグレードが予想されています!

screen-shot-2017-02-16-at-15-41-04

現行モデルであるiPhone 7では320PPIとなっていることやiPhone 7 Plusでは401PPIですが、今回の新型iPhone 8で予想されているのは521PPIと非常に高くなっていることや、RetinaのスケールサイズがPlusと同等である3xになっていることで、5.5インチのディスプレイを搭載するiPhone 7 Plusの密度が、4.7インチに収まる形となります。

iPhone 8は密度もピクセルもアップグレード!

またレポートには、スクリーン解像度が2436 x 1125ピクセルとなる予定で、現行モデルであるiPhone 7の1334 x 750ピクセルと比較すると、かなり高密度になっていることが分かります。iPhone 6、iPhone 6s、そしてiPhone 7との比較では、iPhone 8の解像度は約2倍ということになります。

なお今回のディスプレイ比率ですが、新しく加わるファンクション領域を除いた状態で今までの16:9から、21.9になるとされています。なお、このファンクション領域は縦が290ピクセルで、大きさのイメージとしてはiPhone 6/6s/7シリーズの画面上にある最下部の「ドック」ぐらいの様です。実際に下の画像が、メイン領域とファンクション領域の大きさの差を表したものになります。

iphone-8-mockup

また、iPhone 8 Plusとされるモデルの画面サイズは5.8インチとなり、ピクセルサイズは2800 x 1242になる様ですが、今回のメイン領域自体のピクセルサイズは2436 x 1125ピクセルになる見込みです。この117ピクセルの差に関しては依然未確定とも。

48643946707925-5881c1e99b0ee

いずれにしても、今回のiPhone 8は今までから比べるとメジャーなアップデートと言えそうです。今まで以上の防水機能に加えて、フチなしのディスプレイやワイヤレス充電機能、虹彩認証が新しく追加されるなど、今から楽しみにしたいと思います!

発信元:9to5Mac

[ios-apps][/ios-apps]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で