色々と噂されていたGoPro HERO9 Blackですが、本日9月16日に遂に正式に発表となりました!カメラセンサーの大幅な向上により5K動画の撮影や20MPでの写真撮影、フロントディスプレイを新たに設置した他、リアディスプレイもひと回り大きくなっています。

またHERO9 Blackのレンズですが待望のモジュラータイプとなり、例えばカバーに傷が付いてしまった場合でも簡単に取り外しが可能となりました!加えて、GoPro純正のMaxレンズモジュラーを購入する事で、Max HyperSmooth と超広角の Max SuperViewでの撮影が可能になるようです!

主な機能一覧

  • ビデオ: 5K30、4K60、2.7K120、1440p120、1080p240 など、写真: 20MP 
  • ライブプレビューとステータスモードに対応した新しい 1.4 インチフロントカラーディスプレイ
  • タッチズーム機能を搭載し 2.27 インチにサイズアップしたリアタッチディスプレイ
  • HERO8 Blackより最大 30%アップしたバッテリー駆動時間 + 低温環境下での性能アップ
  • HyperSmooth 3.0 (ハイパースムーズ 3.0) + カメラ内ホライゾンレベリング (水平維持)
  • 「リアルスピード」と「ハーフスピード」機能を搭載した TimeWarp 3.0 (タイムワープ 3.0) 
  • 1080p ライブストリーミング、及びウェブカメラモード

気になる価格は?

価格ですが、GoPro公式サイトではオープン価格(現時点では54,000円)で提供されていますが、下のようにGoProサブスクリプション(旧名:GoPro Plus)を1年間契約する事で、HERO 9 Black単体を37,000円と大幅にディスカウント価格で購入できると言うプランも用意されています。

GoProサブスクリプションですが、GoProユーザー向けに無制限でクラウドストレージを提供したり、公式サイトにて最大50%オフのディスカウントの適用、さらにはカメラの完全交換補償が付くものになります。

オンラインストレージでは、メジャーなものとしてGoogle Photosを利用するユーザーも多いと思いますが、写真や動画の自動最適化を行なってしまう他、4K動画なども全て1080pへダウングレードされてしまう形となります。その点、GoProサブスクリプションの提供するクラウドストレージは、オリジナル品質のまま保存できるので、ガンガン4K動画や今回新たに搭載された5K動画を撮り溜めたい!と言うユーザーはとても魅力なのでは?

購入はこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で